福岡甘木朝倉の 無痛整体で膝痛 腰痛 リウマチ 体の歪み 手のしびれ などの改善はからだ回復センター甘木にお任せ

無痛整体で膝痛 腰痛 リウマチの からだ回復センター甘木

身体にやさしい無痛整体の治療院です。

住所
〒838-0813
福岡県朝倉郡筑前町依井437−1エクレールD102 
TEL
0946-24-3188
FAX
0946-24-3188
Access
西鉄バス 「依井東」バス停より徒歩10秒
E-Mail
営業時間
午前09:00〜12:00 午後14:00〜19:00 (最終19時までに入ってもらえればOKです)
定休日
土曜日(午後休診) 日曜日 ※研修等により休診する場合もあります

携帯版ホームページはこちらからアクセス

【 QRコードから 】
のモバイル(携帯)サイト
【 メールから 】


携帯に送る

最新 からだ回復センター甘木ブログ

メトレート10mg⇒6mg(関節リウマチ)
2016/12/10
左足首、両手首、両肘、左肩に症状が出ている女性が来院されています。症状を抑えるために病院でメトレートを処方されています。来院された当初は10mg(5錠)飲まれていました。左足首の腫れも大きく、各患部の痛みも強かったため薬で抑えるのは現在のリウマチ治療では当たり前です。しかしこの方は薬を飲むことや副作用をとても心配してあり、薬を飲むこと自体もストレスになってしまっていました。「早く免疫機能を正常化させて薬を減らせるように私とやっていきましょう」とケアを開始したのでした。その当時は倦怠感や吐き気、頭痛、不安感、うつ症状などもあり自律神経に対する薬も処方されていました。とにかく繰り返しのケアでどん底の状態から上がるように二人三脚で取り組みました。徐々に良い体の変化を報告されるようになり、腫れ、痛み、倦怠感など順調に減っていきました。病院での薬も10mg⇒8mg⇒6mgと順調に減らす事ができています。もちろんそれによって症状が悪化してはいません。それに伴い気持ちも前向きになり、自律神経系の薬は飲まなくて済むようになっています。初めのうちは薬で症状を抑え関節を守ることが大切ですが、整体で自然治癒力が働き、免疫機能を正常化することで薬から遠ざかるようにしていくことが大切と思います。医者から「薬止める方向でいってみましょう」と言われたそうで大変喜んでおられました。もう一息ですね。
CRP値0.28⇒0.12(関節リウマチ)
2016/12/09
関節リウマチのケアで来院される方達には病院での検査表を見せていただいています。関節リウマチの勢いがどれほどなのか炎症の強さを見るのは関節を守る意味で大事なことなのです。今来院されているNさんは腫れが右足首にあり、外反母趾を含め足の趾に変形が起こっています。両手首も来院当初は固まってほぼ動かない状態でしたが、繰り返しの整体で随分と動く範囲が広がってきました。そんな中でCRP値が高いことがとても気になっていました。しかし先日今月の血液検査の結果を持ってきていただき2ヶ月前の0.28から0.12の基準値内に入っておりました。良かった良かった一安心です。筋肉のこわばりや関節の動きが良くなり、検査数値も範囲内におさまっていれば順調ですね。これを維持して免疫機能が正常化し、薬も減らしていければと思います。(薬は自己判断で止めたり減らしたりしてはいけません)Nさんはとてもお忙しい方なので、薬の飲み忘れに注意です。飲まなくても大丈夫なところまで頑張りましょう。。。